常に敬語

わたしは、ベロニカ。

朝夕が急激に寒くなってきたわと思うおんなのこ。

朝から、ママは着ていく服装に悩んでいたわ。

 

写真はイメージです
写真はイメージです

 

そうなの。

夜の散歩はとても寒いのだけど、

日中はまだまだ夏寄り・・・。


 

そんな、エアコンをかけるほどではないけど

ちょっと汗ばむ午後、ママは

先週、海に行けなかったわたしのために、

たらいを用意してくれたわ。

 

150915-02

 

え?

床がびしょびしょにならないかって?

 

150915-11

 

大丈夫なの。はっしーが、ぞうきんを持って待っててくれるの。

おそうじもできて、一石二鳥でしょ♪

 

150915-03

150915-04

 

それに今日はすてきなもらいものがあるから

みんなでおやつの時間をするのよ。

 

じゃーーーん!!

 

150915-05

 

昨日も朝からどうぶつ病院に連れていかれて、

気分がうつうつしていたから、たらいとおやつの時間には

心から、なごむわ!!

ケーキはもちろん、もらえないけどね。

 

150915-06

 

病院では、耳にもマラセチア真菌がいるということで

お薬をもらったんだけど、わたしの次にならんでいたダックスさんが

つまようじを飲んでしまったというの。

 

150915-08

 

飼い主さんは、吐き出させようとしたらしいけど

先生はそれこそ、もっとも危険だと言ってたわ。

食道にささったりすると、大掛かりな手術になるらしいわ。

 

でも、安心して。

わたしはこの病院で竹串を内視鏡でとってもらったんだから!

あなたはとっても運がいいんだから、感謝しなさいよ。

 

150915-09

でも、あなたのちょっとしたいたずらのつもりの、つまようじが

治療費6万5千円になることもおぼえておくといいわ。

 

150915-10

 

 

上から目線といえば、そうそう、ゆうべも妄想おじさんが

アタックしてきたのよ。

 

ずーーーーっと、ママたちがしゃべっているのを、おじさんは

ずーーーーーーーっと、見ていて、急にしゃべりかけてきたわ。

 

「あなたは、わたしの悪口を言っているでしょ。」って。

「言ってません。」とママが言うと、

「教えてくれる人がいるんです。

あの、おばあさんではありませんよ」

ママもやめておけばいいのに、違います、とか

誰が言ってるんですかって、

質問したりするから、だんだん、ややこしくなって・・・

 

妄想の世界のことなのに聞いてどうなるの・・・。

 

150915-12

 

 

おじさんは、ママのことを、

「レジを打つ仕事をしてるでしょ。

肉屋さんの娘さんだって聞きましたよ。」

 

て、なおも、絡んでくるものだから、ママは寒いのをずっとがまんして

また、熱が出てしまったの。

 

150915-13

 

はいはい、もう肉屋でもなんでもいいです、と、いうママに

おじさんは、

「それが、何をさしているか、わかってるんですか。」と。

 

わたしは、ベロニカ。

いつも、どうしてかなって思うんだけど、妄想おじさんは常に敬語でしゃべるのよ。

 

inunoegao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です