2019のおせちは手作りで。見た目は気にしない。

わたしはベロニカ。

ダックスフントのパワーあふれるおんなのこ。

さて、今年はどんな1年にしようかしら。

 

 

そうね、やっぱり「笑い」の多い年にしたいかなぁ。

え?

犬が笑うのかって?

もちろん、笑うわ。

 

 

さて、毎年、注文していたおせちだけど、今年は家で作ることにしたのよ。

なぜかというと、あまりにも残ってしまうから。

だいたい兄がクワイやたたきごぼうを喜んで食べるはずもなく・・・。

 

そこで、適当につまめそうな竜田揚げやソーセージの炒めたものなどをつめあわせたわ。

12月31日でいっきに作り上げたのよ。

 

 

ふふふ。

不細工でしょ。

でもね、兄は大喜び。

 

そしてすぐに完売したのよ。

年末にママのパート先の住人さんがくれたオレンジが

竜田揚げに華やかさをプラスしてくれたわ。

 

もちろん、1人暮らしのとしくんにも届けたの。

 

 

そして2日目はおばあちゃんも、おせちをつくったのよ。

 

 

なんだか、おせちごっこが流行ったみたいね。

うちのママ、来年はもっと洋風にチャレンジするそうよ。

 

そしてママのパート先では、毎晩マンション内にあるレストランで提供されている食事を試食するのね。

だから、元旦のママのまかないがこちら。

 

 

まかないの域を超えているわ。

でも、これはお正月に限ったことではないの。

毎晩ごちそう。

 

和食の場合はこんな感じ。

 

 

洋食だと・・・

 

 

どこにこんなまかないが出るパートがあるというの。

飲食業でもこうはいかないと思うのよ。

 

シニア向け分譲マンション。ありだと思うわ。

住人の中には、ここに引っ越してきてレストランを利用するようになって体調がよくなったという人も多いの。

メインはもちろんおいしくて、たくさんの種類の野菜が毎晩食べられるのだもの。

 

そして人気なのが大浴場。

いつでも入りたい時に温泉気分が味わえるし、もちろん廊下も脱衣場も冷暖房完備だから、ヒートショックの危険性も少ないわ。

シニアマンションとはいえ、比較的若いご夫婦も住んでいるのがわかるわ。

 

 

わたしはベロニカ。

パート先でのまかないは料理の参考にとてもなるというわ。

そして、兄はそのまかないがうらやましくて仕方ないのよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です