花火大会

わたしは、ベロニカ。

意外と甘やかされてないおんなのこ。

熱中症でぶったおれていた兄。

体力をつけるため、ママにお肉を焼いてもらったの。

130808-17

 

でも、おにーちゃん、かわいい妹にも

くれるわよね!?

130808-18

 

まぎれもなく、牛だわ!

わたしも、体力をつけないといけないの。

130808-19

 

130808-20

 

130808-21

 

130808-22

 

130808-23

 

 

「おにーちゃんは、べりーちゃんの、ためを思って

言ってるんだよ。いつまでも、べりーちゃんに

元気でいてほしいから、ね。」

 

ね、じゃないわよ~~

 

じゃあ、どうしてわたしの前でたべるの==

 

130808-24

 

ひどいわ!

ぜったい、見せびらかしている。

130808-25

 

 

わたしは、いっぱいかざってやったわ!

 

130808-26

 

 

なんだか、なまぬるいわね。

 

130808-27

 

とりあえず、思いつかないので、

おにーちゃんの おパンツを ねちゃねちゃにしよう。

130808-28

 

 

そこへ、ママが

「べりー、いやなことは早く忘れて、いっしょに花火みようよ。

ベリーの好きな、季節の風物詩よ。」

 

わたしはママにだっこされて、窓の外をながめたわ。

130808-29

 

ほんとう。

きれいだわ。

「べりー、それは信号よ。」

え?

花火って、そういえば、見たことないわ。

その時、

130808-30

 

わーきれい。

音はないの?

「5キロは、はなれているからね。ほら、次のが光るよ。」

130808-31

 

自分の顔がガラスに うつって、ちょっと見えにくかったので

ママにベランダの窓を開けてもらった。

よく冷えた部屋の中に、外のなまぬるい風が吹き込んだわ。

130808-32

 

わたし、青い光の花火が好きよ。

いっぺんで、涼しくなったもん。

130808-33

 

これは、ミノカサゴみたいっ!!

ミノカサゴって、これね。

130808-34

 

ひれに猛毒をもっているから、見つけてもさわっちゃだめよ。

130808-35

 

あら、マンションで見えないけれど、

花火が地上で爆発しているみたいに見えるわ。

大丈夫なのかしら。

今回の宝塚花火大会は第100回目だって。

フィナーレはとてもきれいだったわ。

130808-36

 

 

わたしは、ベロニカ。

花火が大好きになったわ。

昔の宝塚は温泉宿がいっぱいあって

千と千尋みたいだったって、ママが教えてくれたわ。

130808-37

 

inunoegao

2 thoughts to “花火大会”

  1. Pちゃんも、花火みたのね~
    すごく、きれいだったよね。

    それにしても、あいかわらず
    言い回しがロマンチックだわ(´ー`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です