真冬の引っ越し!

わたしは、ベロニカ。

いよいよ、友達が今日、引っ越ししてしまうので

最後の後片付けを手伝いにいくおんなのこ。

 

手伝いといっても、荷物がなくなって広くなった部屋で

運動会をするのが楽しみだったのよ。

 

 

なんだか、愛ちゃんとても小さくなったわね。

遊んでいるとふっとばしてしまいそうになるのよ。

 

 

(ママは「あんたが大きくなったんだよ!」といったけど・・・)

えみちゃんは

「ベリー、毛がのびたんだよね。」とやさしくいってくれたわ。

 

この日は先日の「本番引っ越し」で残った荷物を

クリーンセンターで処分して、これまで借りていた家の引き渡し。

いよいよ、遠くへいってしまうのね。

 

 

ママは軽く最後のそうじをするつもりだったけれど

お風呂もキッチンもとても、きれいに使っていて

あらためて、えみちゃんのきれい好きに感心したわ。

 

とはいえ、最近では料理をした痕跡がないことから

手や足の調子がよほど悪かったのだと感じたというわ。

 

結局、近くにいながら、大したことしてあげられなくて

えみちゃんの本当の「痛み」は、わかってあげられなかってこと・・。

 

 

ママが手伝いに行ってすぐ、あまりの寒さに電気ストーブと

マジックリンやブラシを取りにいったん家へ帰って、

またえみちゃんとこへもどってみると

もう、2トントラックがクリーンセンターへの荷物を運び出していて・・・

 

えみちゃんは、ほとんどの荷物を一人で運び出していたから

びっくりしたわ。

職場のおっさんが一人、手伝いにきてくれていたけど、

トラックの荷台に乗って、えみちゃんから荷物を渡されるのを待ってるわけ。

 

えみちゃんは「手伝いに来てくれて、いい人やねん。」といってたけど

わたしは、このおっさん、もっと働けばいいのにと思ったわ。

中途半端な男ってどこにでもいるものなのね。

 

いよいよ、二人掛けのソファを出すときもおっさんはえみちゃんに

片一方を持たそうとしていたから、ママは

「えみちゃん、手が痛いでしょ!わたしが・・・」とがんばったけど

「いや、ベリーママは高血圧なので・・・・・」と却下されたのよ。

 

そしてえみちゃんはクリーンセンターへおっさんを案内していったから

わたしたちは、ふきっさらしの部屋に暖かい場所を作って待っていたの。

 

 

なぜ、宝塚マイナス1℃の日に引っ越しをすることに?

犬たちも震えるしかないわけで・・・。

これは、後から大家さんも、いぶかしがっていたわ。

「こんな日に引っ越ししなくてもねえ・・・」

 

大家さんご夫妻は、「新しいところへ行ったら、居心地いいやろう」といっていたので

ママはなぜか「いえいえ、ここほど、いいところはないといっていました。

設備もきちんとしてくれていて、きれいで居心地よかったと、感謝していましたよ~~」と

がんばってお礼を言ったわ。

 

えみちゃんは2時間近く帰ってこなかったのじゃないかしら

しん君当たりは、ほんとうにこの家に捨てられたと思ったみたい。

へんな声で吠えていたわ。

 

えーーーと、野生の狼が群れの根絶を伝えるような。

 

「わおーーーん、ひゃ=」って。何回も。

愛ちゃんもうちのママのコートにうずくまって、捨てられたことに堪えていたの。

そしてとうとう、ぼた雪が降り始めたので、開け放しの家をとりあえず閉めて

マジで防寒しはじめたわ。

 

その頃、ちょうどおばあちゃんがお弁当の差し入れにきたので

わたしはおばあちゃんと帰ることに・・・。

ママは?

なんとか、そうじがんばってねっていっておいたわ。

もう、寒くっておなかが痛くなってきたんだもの。

おうち帰ってゲボを吐いてしまったわ。

 

 

そして一方、そうじするうちにママは発見したわ。

えみちゃんは「畳が傷んでるから」って確か言ってたけど。

これは、見覚えがある。

 

 

以前、文章書きのお仕事で担当した、そう「しろあり」

だから、よく知っているの。

これは、間違いなくしろありなの。

ママは畳をおそるおそる、押してみると、しろあり独特のグスグス感!

 

 

あとからえみちゃんに聞いてみると毎年初夏にハネアリが発生していたのだとか。

ハネアリは「妖精アリ」というのよ!!!

しろありが繁殖する証なの。

こんな近くで実例を見てしまうとは、ほんとうに驚いたわ。

 

この度のお引越しについては、ママはとても反対だったの。

えみちゃんにも、ちょっときつく言ってしまったわ。

数日たってえみちゃんから

「心配してくれてるのはわかるけど、もう決めたことだから

ほんとうにごめんね、ありがとう」って電話があったくらい。

 

それなのに、今日になってえみちゃんは、ぼそっと

「この引っ越しでよかったのかな、後悔しないかな?」と

ちょっと弱気を見せたわ。

 

でもね、えみちゃん、しろありのいる家はいつ、ごっそり倒れてもおかしくないの。

気持ち悪いとかといった次元ではないのよ。

引っ越しは大正解。

 

だめだったら、またこっちへ戻っておいでよ。

こっちにはえみちゃんのために、力を貸してくれる犬友が50人はいるんだから。

もちろん、新しい引っ越し先でも、えみちゃんのことだから、友達がたくさんできると思う。

とにかく、弱気になっても、な~~んにもいいことないんだから、前向いて、お互いがんばろうね。

 

わたしはベロニカ。

これまで、えみちゃんが一生懸命に生きてきたのを見てきたおんなのこ。

いっぱいいっぱいの時も、いろいろと愚痴垂れてきた時も。

 

だけど、えみちゃんのこと、大好きよ。

いつだって犬目線を忘れない人だったのだもの。

それは、もう、「えみちゃんて犬?」というくらい。

 

これから始まる新しい生活を、しん君、愛ちゃんと楽しく暮らしてね。

心から願ってる。

そして時々はあいあいパークに遊びに来てね♪


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です