棚からぼたもちは、絵に描いたもちだった!

わたしはベロニカ。

「分離不安症」のおんなのこ。

分離不安症とはママと離れることで

自分が自分でなくなる病気。

 

なのに・・・ママは「ムダな時間をマネタイズする!」

といって夕方から夜10時まで、コンシェルジュのパートにいってしまうわ。

 

パート先のシニアマンションまではあるいて10分。

おばあちゃんとママを送って行くのが、わたしの毎日のお散歩。

 

そして仕事先につくとママは言うわ。

「ベリー、先におうちに帰って待っててね」って。

 

そんなのないわ。

強制終了じゃない!

 

 

それでもママはうれしそうに、マンションへ入っていくの。

仕事がたのしいらしいわ。

たしかに大変な面もあるけれど、だいたい「ありがとう」っていってもらえるお仕事。

 

お食事をお部屋までワゴンで運んだり、

パソコンのちょっとした使い方を説明したり、

うーーん、あとは

事務室の加湿器に水を補給したり、窓のロールカーテンを下ろしたりと

あ、そうそうポストに郵便物がはいってないかも見に行くというわ。

 

 

ほんとうなら、とっくに辞めているはずが、ずるずると半年も・・・

わたしは夜になってママが帰ってくると、そら、犬だからいちおうは腹見せてよろこぶのだけど

すぐに、すねてみせるのよ。

 

 

そんな毎日の中、ある日とある遠方の市役所から電話がはいったわ。

「看板の製作に入札しませんか?」って。

 

ママはそいや昔、はっしーに「市役所に行って制作関係の仕事の入札申請をしてきてくれる」と頼んだの。

すると、はっしーはあろうことか、わたしたちの住む町ではなくて、自分の住んでいる町の市役所に申請届をだしていたわけ。

たしかにママは「市役所」としか言ってなかったわね。

 

ママは約1時間かけて、看板製作の申請許可書をもらいに、そのはっしーが住む町の市役所までいったわ。

ところがフタを空けてみると市にある学校すべてに、「避難所」の看板を作るというけっこうボリュームのある仕事だったの。

 

写真はイメージです

ママは10年前に1度、看板製作を頼んだことのある社長さんに電話したわ。

社長さんはママのことをよく覚えていてくれて、こころよく引き受けてくれたの。

 

ママは市役所でもらった仕様書や条件を社長さんにわたして、速攻で帰ってきてわたしにいったわ。

「べりー!お肉がたくさんたべられるよ~~」って。

 

看板製作の入札は、看板屋さんの社長さんによると500万円で落札できるでしょうということらしいの。

そして、ママの取り分として20%を乗せても勝てるって!!

 

ということは、遠方の市役所にいっただけで「ひゃくまんえん」がはいるということ?!

わたしたちは、北風の中、ハワイでお散歩しているようだったわ。

 

ところが・・・

 

入札前日になって社長さんから連絡がはいったわ。

 

「あのね、ごめんなさいなんだけど、この市役所の条件にあるISOという資格、うち、持ってないわ」

へ?

まさしく「絵に描いたもち」とはこのことなのか。

 

 

わたしはベロニカ。

ついつい人間につられて一喜一憂、棚からぼたもちを期待してしまっていたわ。

でも不思議なものね。

 

人間には「分相応」というものがあって、大きすぎる幸せも、不幸もあってはならないというわ。

幸せも不幸も「気持ち次第」ということね。

ママはね落ち込むどころか、つぎのたなぼたを、ねらっているのよ。ま、結果は再来年、てところね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です