春の小川はさらさら行くよ

わたしは、ベロニカ。

やっとこさ、ママの仕事の段取りがついたので川へ

遊びに行ける女の子。

今回の記事の仕事は締め切り5日前に終わったというわ。

でも、まだまだね。

単価が低いとぼやく暇があったら、スピードをあげればいいってこと。

目標は締め切り10日前なの。

 

それにしても目標にはなかなか近づきやしないわ。

それもそのはず、お裁縫おクラブの再開で予習復習がいそがしいのよ。

お裁縫クラブで教えてもらったところは、

家に帰ってちゃんと復習しなくては

あっさりと忘れてしまうの。

今はお出かけバッグに挑戦中。

洋裁店で買ってきた作り方の本に書いてあることと違うことを

教えてくれるのが、ママのお師匠さんの醍醐味よ。

 

たとえば、ぽけっとの内側、本にはギザギザミシンをかけて

ってあるところをお師匠さんは軽く

「だめでしょ、パイピンやパイピン!」

要するに布のはしっこを、ほかの布でくるむというの。

それが何ともうつくしい仕上がりに。

お裁縫の話を始めたら、きりがないわ。

今日のコースは

西谷の農産物販売所→猪名川の道の駅→ふるさと館

買い物中はしばりつけられるわけ。

いやだわ。

いながわの道の駅では、地元の麦がゆ?

(お味噌汁の中に押し麦がはいったもの)がふるまわれていたわ。

もちろん、ちゃっかりゲット。

目の前でおそばを売ってくれて、ゆでたてを食べれるイベントに

じゃんぼみたらし団子販売、コロッケの出店とにぎやかだわ。

地元のひとはわたしを見て

「しっぽが長いのね~」と。

よく言われるわ。

この尻尾でカジをとるから、高いところへ飛べるのよ。

さて、目的地のふるさと館についたわ。

駐車場についたとたんわかったのよ。

わたしは、車から降りるのももどかしくて

ぴーぴーと叫んだの。

一瞬で豆粒ほどの大きさになったわたし。

梅が満開で春の香りがいっぱい。

考えればベストシーズンだわ。

まだ、こどもたちも水遊びにきていないし。

わたしは小川の周りをいったり来たり。

楽しくってたまらないわ。

他にも犬連れの人がいたのだけど、わたしのことを陽気な犬だって。

「さっきから見ていたんですけど、ものすごく楽しそうなダックスですね。」って。

楽しそうじゃないの、楽しくって仕方ないのよ。

そうね、唯一ママたちが川にはいってくれないのが不満だわ。

そしてお昼には道の駅で買っておいたおこわ弁当。

わたしもおこわは大好きだわ。

 

わたしは、ベロニカ。

春の小川はさらさらしていたわ。

 

 

 

 

 

春の小川はさらさら行くよ」への2件のフィードバック

  1. 楽しいベロちゃんの写真見てたら
    自分が犬好き人間に育ったことや
    好きな犬と暮らすことができてる今が
    ほんまに幸せでありがたいことなんやなぁってしみじみ感じてなんか込み上げてきました。
    ベロちゃんの屈託のない笑顔が
    ダイスキヨ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です