心霊写真

わたしは、ベロニカ。

ママが何かに憑りつかれたようだわ。

131020-15

 

 

今日は、わたしとはっしーとおにーちゃんを3人ぼっちにして

ママととしくんは税務署に行ってしまったの。

 

税務署からハガキが届いて、

・支援措置について
・交際費課税
・所得拡大促進税制
の説明会があるらしいのよ。
131020-16
資料を渡されて、広いホールに通された
ママととしくん。
としくんは言ったわ。
「2時間も、聞くのは疲れるのだ!途中でばっくれたいのだ!」
としくんと、並んですわったママはあきれて言ったの。
「とし、今すぐ、ばっくれよう!」
131020-17
わたしが、お留守番を嫌いなのを知ってて
どうして、出かけるのよ!!
でも、ママには実は事情があって、
どうしても、お仕事のデザインの下見にいきたいところがあったの。
それは、とある雑居ビル。
131020-18
なんだか、寒い気配を感じながらも
ママはビルに近づいて行ったの。
131020-19
ビルの2Fまで、上がっていかないといけないんだけど
ママの足は急に重たくなって、寒気がぬぐえなかったみたい。
それでも、早々に写真などを取ったり、
色のバランスを見て、車にもどったの。
ところが、としくんは、いつまでも戻ってこなかったらしいわ。
131020-20
としくんは、採寸したり、材質をメモしたりと
忙しかったみたい。
そして、無人のはずのビルの奥から、おばあさんが出てきて
通り過ぎたんだけど、生きてる感じがしなかったんだって。
こわいわ!
しかも、葬儀会社らしきテナントから、出てきたのよ!!!
ママはその頃、車の中で、なんともいえない悪寒に震えていたわ!
131020-21
もう、ほとんど妖気を感じる空き物件の
毒気にやられたのね。
ママは、肩まで重たくなってきて、寒くて仕方なかったの。
やっとこさ、車に戻ってきたとしくんは、言い放ったわ。
「いっぱい、いたのだ!」
きゃーーーー!
そんなことって、あるのね。
そして、お客さんが待っていたこともあって、
そうそうに戻ってきたママ。
わたしは、お客さんをちゃーーんと接客したわよ。
131020-22
おかげで、お客さんと仲よくなれたのは
うれしかったわ!
帰ってきたとしくんは、すぐに写真を確認したの。
ママが例のビルに入って行こうとしたとき、としくんは
「よく平気で、はいっていくのだ!」
と、思って写真を撮ったのよ!
ママのまわりには、よくない気がまとわりついていたわ!
131020-23
わたしは、ベロニカ。
ママは、まわりにおどろおどろしたものを、つけたまま、家に帰ってきたのよ。
でも、不思議ね、みんな、はっしーと一緒に帰って行ったの。
ママは、晩酌で除霊をしたから、はっしーについていったのね。
inunoegao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です