寄せ植え体験でひどかった「寝違え」が解消したっ!

わたしはベロニカ。

ダックスフントのおんなのこ。

ゴールデンウィーク最後のこの日、なんと

わたしとおばあちゃんと兄とでお留守番をしなくてはならないというのよ!

 

 

あんまりだわ。

しばらくお留守番がなかったから安心していたのに。

なんでも「寄せ植え体験」などというものに出かけるらしい。

 

寄せ植えとはひとつのプランターに種類の違う植物を植えて

その表情を楽しむというもの。

その人のセンスが問われるということね。

それにしても・・・

 

 

わたしはお留守番の腹いせに

ゴミ箱の中をそうじしておいたわ。

 

 

ふふ。ざまみろだわ。

 

 

会場は住宅展示場の中庭。

うちのママは緑の手を持っていないので

寄せ植えをしてもきっとすぐ枯らしてしまうのよ。

 

 

それにしてもガーデニングが趣味だっていう人は

ママにとってはどちらかといえば憧れの存在で

そのロハスなファッションもステキだと思ってしまうわけよ。

 

え?ロハス?

ロハスとは「健康と地球環境」への意識高い系のライフスタイルを言うの。

そしてロハスなファッションとは麻っぽい素材の飾らないゆったりした

服に麦わら的帽子、エスニックな首巻きスカーフが鉄板よ。

 

 

思えば毎日、文章書きの仕事に追われていて、ろくに休みをとっていない

うちのママにはこんな休日が必要だったのかも知れないわ。

 

パソコンに向かい続けて、夜には悪夢にうなされているもんだから・・・

今日だってひどい「寝違え」を起こしているの。

ななめ後ろを振り返るたびに、うっ!激痛よ。

 

こんな時一番つらいのが車の運転でバックするときね。

(昭和人間だから、モニター見ながらバックできないねん。)

 

 

寄せ植えは先生があらかじめ、選んでくれていた野花をバランスを

考えながら鉢に植えていくの。

ママの野花はママの手に触れるたびに枯れていくようだわ。

先生が2度も、

「これはしなびているので、違うのに替えましょう」といって

引っこ抜いていたそうだから。

 

さて小一時間で出来上がり。

 

 

土や草花という自然のものをたまには触るのも大事ね。

寄せ植えが出来上がる頃にはずいぶんと寝違えが楽になったというわ。

自然には癒やす力があるというもの。

 

同じ草花を使って寄せ植えしても、人によって雰囲気がずいぶんと違うのね。

 

 

かわいらしい♪

 

わたしはベロニカ。

ママは寄せ植えがすっかり気にいったみたい。

すごく、ごきげんで帰ってきたわ。

 

 

 

それから寝違えにとても効き目のある動画を発見!

寝違えしたらクビは動かさないほうがいいというから

試しにやってみてね。

え?寝違えしてないって?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です