以心伝心

わたしは、ベロニカ。

今日も、エアコンのきいた部屋で

ゆっくりとした朝をすごしていた。

130719-01

 

すると、ぴんぽーん!

宅急便さんが やってきた。

130719-02

 

 

袋をあけてみると、かわいい、浴衣!

ママ買ってくれたの?

げっ、わたしの名前じゃない!!!

 

130719-03

130719-04

 

「何いってるのベリー!

マナちゃんへのお誕生日プレゼントよ!

マナちゃんには、いつもよくしてもらってるでしょ!」

130719-05

 

いろんなことが、走馬灯のように、よぎったけど、

ママがそういうなら、もう、めんどくさい。

そういうことにしておくわ・・・。

 

それにしても、かわいい浴衣!

130719-06

 

背中の名前、なんとかならないかしら・・・

130719-07

130719-08

 

 

そこへ、お客さんがきた。

おいしそうなケーキをたずさえて♪

130719-09

 

ベリーっていいます。

ケーキは、ママにしかられるので、がまんします。

でも

130719-10

130719-11

130719-12

 

おじさん、ちがうって!

わたしは せなかの名前のことを いってるの。

130719-13

 

 

 

こういう時、さっと はっしーが来てくれる♪

頼もしいわ!

だけど・・・

 

130719-14

 

 

そして、浴衣はママにぬがされてしまった。

しょんぼり。

それにしても、コミュニケーションもままならないなんて・・・

はっしーも 修業がたりないわ。

 

わたしは、ベロニカ。

ケーキが食べたくないっていったら、うそになるわ。

130719-15

 

でもね、それとこれは、また別のはなし。

 

 

以心伝心 意味
文字や言葉を使わなくても、お互いの心と心で通じ合うこと。

 

inunoegao

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です