今夜はカモ鍋

わたしはベロニカ。

おばあちゃんは料理が嫌いなのに、料理担当なの。

とても気の毒だわって思う女の子。

おばあちゃんはそれでも、毎日いっしょうけんめい作っているの。

だけど、ママはアレルギーがある上に、小姑みたいにうるさいから

おばあちゃんの苦労は絶えないわ。

 

昨日もママがピザだったら喜ぶかもって雪降る中、おばあちゃんはピザを買いに行ったのね。

お店の人に「人気のトッピング」でお願いします!って。

 

引用元:https://cookpad.com/recipe/1580184

 

だけど、それはママの食べられないエビだったりして

なんだか空回りするおばあちゃんがかわいそう。

エビを乗せたピザ屋さんが悪いのね。

 

そんなこんなで、毎晩のメニューにおばあちゃんは頭を抱えているわけ。

そこで、今日は兄に聞いていたわ。

「何か食べたいものある?」って。

 

兄はすかさず「カモ鍋」と答えたのよ。

 

 

ママは「カモなんて贅沢!!」といっていたけれど

おばあちゃんは兄のためにカモ肉を買いに走ったわ。

だけど、わたしもカモ肉を食べてみたかったの。

 

あの、あいあいパークの新池公園の池で泳いでいる鳥でしょ。

まるまると太っていてとてもおいしそうだわ。

 

カモ鍋といえば別名「失楽園鍋」

 

引用元:http://www.wowow.co.jp/detail/013699/-/03

 

失楽園といえば、渡辺淳一の恋愛小説で役所広司と黒木瞳が映画で演じたわね。

W不倫の末、心中するという激しい映画だったのだけど、

心中する前に最後の食事としてふたりが食べたのが「カモ鍋」。

 

なんとおしゃれなことにカモ肉をクレソンでいただくお鍋なの。

しかもワインで。

黒木瞳さん、とてもきれいだった印象の映画だわ。

ああいう人はいつまでもきれいなのね。

 

ドラマ版では、古谷一行と川島なお美が演じていたわ。

どっちも個性があってよかったそうだわ。

でも、どちらも最後は毒入りワインを飲んで心中するの。

 

 

そんなカモ鍋が晩ごはんなのでわたしは

最高に盛り上がったわ。

(とうぜん、自分もカモ肉をもらえると思っている。)

 

 

鶏肉とは違って歯ごたえと野趣があって

すっかり病みつきになりそう。

冷えた体もぽっかぽかよ。

 

 

わたしはベロニカ。

おばあちゃん、毎晩、カモ鍋でもいいわよ。

 

 

 

ピーピーなるおもちゃを背中で鳴らす方法


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です