わたしは、ベロニカ。

ママから、よく昔の話を聞かされる おんなのこ。

 

150724-01

 

そんな話がはじまったからといって

絶対、言ってはいけないのが

「その話、もう聞いたわ!」

という一言。

そのような事を言おうものなら、

ママをたいそう機嫌悪くさせてしまうの。

兄から教わったのよ。

 

150724-02

 

それは、ジャンタールのこと。

ママのお父さんは、若いころ住友金属で

金属の研究をしていたらしいの。

 

各研究室にはセキセイインコや、文鳥が飼われていて、

毒ガスが発生したときの、バロメーターとなっていたというわ。

 

ママのお父さんは会社をやめてからも

様々な危険な薬品を家に持ち帰っては

試行錯誤を繰り返していたの。

 

150724-03

 

 

そして、ある日、開発したのが

永遠に匂いを吸収し続ける、消臭金属。

その消臭能力は大変に強力なもので、臭い公衆トイレの

悪臭すら、感じさせなくなるもの。

 

すごく、売れたって思うでしょ。

でもね、形状に問題があったのよ。

安価で手に入る表面積の大きな

金属を使ってしまったの。

 

それが ↓ コレ。

 

150724-04

 

流しの生ごみのにおいを軽減するために

置かれた発明品は、

おばあちゃんが、鍋のコゲをおとすために

ごしごしするので

違ったものになって、そして捨てられていたわ。

 

150724-05

 

一度、購入したお客さんが、ただの金だわしを

高い値段で買わされたと消費者センターに

苦情の電話をいれたことがあったの。

 

ママのお父さんは、消費者センターに呼び出されて、

金だわし、じゃなかった、消臭金属を持って行ったの。

 

すると、消費者センターの人は

「これはすごい!」と、何人もが購入してくれたくらい

すごい効果があったの。

 

でも、やっぱり、どう見ても、金だわし・・・。

ただでさえ、商売のヘタなママのお父さんは

あきらめて次の開発にとりかかったわ。

 

そして生まれたのが、

解凍板ジャンタール

 

150724-06

 

すぐに特許を申請したこの開発品!!

机の上と、ジャンタールの上に氷をおいて

解凍の仕方を比べてみると、

 

2秒後

150724-07

1分後

150724-08

3分後

150724-09

 

国際見本市には、たくさんの人がブースに

集まって、そして、たくさんの

 

類似品が売り出されたわ。

類似品は、多くの家庭に買い求められて、

そして、たいしたことないねって、

忘れ去られたわ。

 

だって、類似品の素材はアルミだから・・・。

本当のすごいところは、特許の秘密は

ジャンタールがトルマリンで作られているということなの。

 

氷はとけながら、振動を繰り返すの。

トルマリンが分子のクラスターを切って

その遠赤外線効果で、氷はとけるの。

 

お刺身でもお肉でも、ジャンタールで解凍すると

抜群に味がおいしくなるというのが、

すごいところなのに。

 

150724-10

 

 

ママのお父さんは開発や研究には向いていたけれど

商売することには、まったく才能のない人だったのね。

トルマリンを使った原価を考えてなかったの。

 

わたしは、ベロニカ。

ママのお父さんが、今どうしているかって?

数枚のジャンタールを残して

氷のように蒸発してしまったわ。

 

150724-11

 

inunoegao

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です