人生を変えたいあなたへ

わたしはベロニカ。

出窓でひなたぼっこしながら、苦しむママをチラ見するおんなのこ。

なにをそんなに苦しんでいるのかしら・・・。

 

 

 

なんでも本日のライティングの仕事のテーマが

「人生を変えたいあなたへ」

というものらしいの。

これって、いったい何を書けばいいのか、ライターに地獄の苦しみを与えるには

じゅうぶん過ぎるテーマだわ。

(いつからライターになってん?)

 

人生を変えたいあなたへの話を4000文字てか?!

 

だいたい、人生を変えたい人って、どんな人をターゲットにしているのかしら。

 

恋人いない歴が長くて、リア貧な人?

夫が浮気して人生をどぶに捨てたように感じている人?

借金まみれで踏切の音に神経が過敏になる人?

 

わからん・・・。

このフリーズする時間さえなければ効率のいい仕事なのに・・・。

そもそも人生を変えたいって、でかすぎるでしょ。

 

もっとライトなタッチで「人生にもっといいことがあればいいのに」とか、

「いやなこと、なくなったらいいのに」といったテーマでじゅうぶんだと思うのよ。

 

どんなひとが読むかが想定できないライティングは、構成がなりたたないのね。

たとえば、「仕事を失敗して人生変えたくなったあなたへ」なら

ご丁寧に転職のノウハウをばっちり説明して、自分の失敗談を満載するのだけど。

 

そもそも誰か、人生変えたいって思っている人いる?

いないよね。たいがい。

だけどうちへ回ってくるライティングの仕事は検索キーワード上昇しているはずだから

人生を変えたいと思っている人が増えているということになるわけ。

 

日本、やばいのかもしれない。

しかし、弱音をはくことも、お仕事をご辞退することも

人生の負けだと思い込んでいるわたしの飼い主は苦しみ続けたわ。

 

そしてようやく4000字を打ち終えたの。

結果的に出来上がった納品物は

どっかのあやしい自己啓発みたくなってしまったことは

犬のわたしからみても、明らかだったのよ。

 

でもね中にちょっと脱線した面白い部分があってね、

「成功者の中には信じられないくらい脳天気なおめでたい、自分大好き人間が多い」だって。

なんだか成功哲学の怪しげな教材を売って、年に何億円と設けている人には

至極、自分が大好きな人が多いらしい。

 

これって見習った方がいいんじゃないかしら。

成功者といわれる人たちのプロフィール  by myselfは、彼らの教材やセミナーより面白いのよ。

そんなに自分が好きなの?wって感じで

 

わたしはみんな自分をもっと好きになることをすすめたいわ。

自分を好きな人はとかく、幸せホルモンがたくさんでているのだから。

 

人間は複雑ね、自分が好きとか嫌いとか。

犬なんてシンプルよ。自分は自分だから。

それ以外の何物でもないわ。

 

わたしはベロニカ。

 

「自分が嫌い」なわりには前向きに突き進むわたしの飼い主が嫌いじゃないわ。

 

さて、最近、新しいこととと懐古的なことを同時に感じるために昔の思い出を整理しているの

4年前、たちよった ドッグカフェでとても居心地がよかった思い出よ。

 

ドッグカフェあんじん

 

それから、午後のティータイムが充実する音楽をどうぞ

ボーカルの声がいいのよ♪音楽って大事w

 

2 thoughts to “人生を変えたいあなたへ”

  1. まさに、人生を変えたいひとがここにいる。
    もしくは 楽天的な考えができるひとになりたい。
    物事を悪いように考えることにおいては
    他人より秀でている自信がありますねん。
    大晦日ですねー。もう、一年以上も
    アイアイパークにいってない。
    ベロちんにもあいたいなー。

  2. こんにちは~~~♪

    犬はね楽観的と悲観的のバランスいいのよ!
    今度、わたしに会ったらデカくなったって、驚くわヽ(^。^)ノ
    楽しみにしておくね。

    あ、えみちゃんは近くなるかもよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です