京丹後の旅(夕食編)

わたしは、ベロニカ。

ママの海水浴につきあってあげる、やさしいおんなのこ。

シャワーで砂をおとして、夕日で乾かしながら歩く。

130813-104

 

海岸沿いは、広い公園なのよ。

130813-105

 

ときどき、背中をふきながら歩くの。

130813-106

130813-107

 

あ、目印の鳥居が見えてきたわ。

130813-108

130813-109

 

それに比べて、おばあちゃんは、元気すぎるわ!

130813-110

 

結局、わたしとママは海で泳いで、

シャワーを浴びたおかげで、

涼しい夕涼みができたわ。

130813-111

 

夕方の、海面は、とろんとろん、て。

数分の間だけ、やわらかい色になるの。

130813-112

 

ママがしあわせそうな顔をして

ビールを飲んでいるから、スキをみて

飲んでみたけど、どこが、おいしいのかしら。

130813-113

 

130813-114

130813-115

 

旅館のひとに、無理をいって

夕食を8時にまで、おそくしてもらっているんだから

そろそろ、帰ろうよ!

130813-116

 

やっとのことで、時間までに

食事の席につくことが、できたのよ。

130813-117

 

わたしは、今朝、カリカリフードの入っていた

お弁当箱に、ママのお刺身をおすそわけしてもらった。

新鮮でとても、おいしかったわ。

130813-118

 

130813-119

130813-120

前菜と冷酒で、ママの幸せ度はMAXに!

130813-121

 

お料理はどれも、きれいでおいしいって。

130813-122

 

130813-123

 

味付けが上品だって、ママが言ってたわ。

もちろん、ママのアレルギーも、ちゃんと考えてくれて

カニとかが食べれないママが、さみしい気持ちにならないように

ちょっと、豪華気味にしてくれてたの。

130813-124

 

 

おにーちゃんと としくんは、お肉の登場に

おおよろこび!

わたしは、魚の方がおいしかったわ!

130813-125

 

夏のイサキは、ほんとうに おいしいの!

130813-126

 

最近、てんぷらに 飢えていたっていうママ。

130813-127

 

エビのかわりに、なんと はもが揚げられていたわ。

ひとり、お得な気分に。

130813-128

 

調子にのって、冷酒のおかわりを、していた。

ママは辛口、おばあちゃんは甘口。

それは、わたしにとってもそうだわね。

冷酒のしめのお吸い物は、一番おいしいって。

130813-129

 

黒ゴマのアイスは、おにーちゃんが

ひとりで食べていたわ。こどもね。

130813-130

 

わたしは、ベロニカ。

ここは、とてもお値打ちな旅館だと思うの。

おばあちゃんも、ママもまた来たいって。

でも、冬場はカニ料理になるのよね。

今度こそ、ママは食べるものがないわよ。

130813-131

 

弁天館ホームページ

 

inunoegao

 

 

2 thoughts to “京丹後の旅(夕食編)”

  1. わぁーいきたーい。
    日常を離れたーい。

    ベロニカちゃん、お疲れ様。
    すっかり旅行した気分になれた
    充実したブログでした。
    お料理もとっても綺麗でした。

  2. たっくるママ、ほめてくれてありがとう♪
    日常をはなれて、日常の大切さを感じたのよ。

    夕食のお刺身は、今まで食べた中で一番おいしかったの(´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です