ルフトハンザ

わたしは、ベロニカ。

分離不安症だから、ママに大切にされているおんなのこ。

131024-01

 

 

今年のはじめ、ママはわたしをおいて、

遠くへ行ってしまったの。

131024-02

 

ドイツのルフトハンザに乗って。

ルフトハンザは、犬の機内持ち込みがOKなの。

もちろん、キャリーバッグに入れてだけど

料金は手荷物の超過分として、国際便でも70ユーロ、1万円以下なのよね。

だいたい、貨物室に犬を預けるなんて、ひどいわ!

熱中症で死んだ子もいるのよ。

 

 

だからといって、おいていかれたわたし・・・。

悲しくて、おろおろしている頃、

ママは、ドイツ語のメニューに、日本語をみつけて

ケラケラと笑っていたのわ。

131024-03

 

そのあと、日本語のメニューを見て、安心していたわ。

 

131024-04

 

 

そして、スパークリングワインを何度も注文して、

だんだん、ごきげんになっていったわ。

131024-05

 

ただ酒に、大喜び!

まったく、なさけないわ。

131024-06

 

 

ルフトハンザは、日本人は巻きずしを喜ぶと思っているのね。

それから、茶そばをつけるのも、よろしくないわ。

ママの気分はもう、ドイツへ向かっているんだから・・・。

 

131024-07

 

 

それから、貧乏旅で、せまいエコノミーに

しばりつけられているのに、何回も機内食がでてくるの。

131024-08

 

 

飛行機が飛び始めたら、向かう先の現地時間に

合わせて食事の提供があるものなの。

それでも、ママは大喜びで食べ続けていたわ。

131024-09

 

 

そして、雲の上は、アルコールがよくまわるのよ。

どんどん、ごきげんなママ、

わたしのことなんか、忘れてしまっているわね。

 

131024-10

 

それにしても、遠いのね。

131024-11

 

中国上空は、インターネットが遮断されるの。

それとセキュリティの事情で、大きくロシアよりに航路がとられているみたい。

131024-12

 

窓が、びゃあびゃあに、氷ついてるわ!

ママは、飲み続けられる幸せに、どうでもいいみたいだったけど、

あまりの飛行時間の長さに悟りを開く境地だったんだって・・。

12時間だものね。

131024-13

 

 

やっと、フランクフルト空港について、

その、空港の大きさにびっくり!!

 

131024-14

 

しかも、世界一といっていいくらい厳しい税関の空港なのよ。

今まで、有名な音楽家がヴァイオリンを没収されたりと、

数々のありえないが、あった空港。

 

でも、ママの頭には、ドイツ=ビール&ソーセージ。

つくなり、思い切り、ストロングなビールを楽しんでいたわ!!

 

131024-15

 

 

まだ、お昼間だけど、ビールを飲むのが、常識なくらい

みんなビールを飲んでいるわ。

もちろん、ソーセージは何種類もあって、ステキ!

ホットドッグは、バンズにおさまらなかったのよ!

131024-16

 

 

わたしは、泊まり込みのとしくんと、寂しく過ごしているのに。

131024-17

 

 

フランクフルト空港は、広すぎて楽しいらしいわ!

募金箱もすけすけ。

P1130660

 

 

インターネット利用のパソコンも、シンプルでかっこいいわ!

131024-18

 

 

売店のおじさんも親切で、ドイツのビールくださいって

いったら、日本語が通じたみたいよ。

131024-19

 

どんだけ、飲めば気が済むのかしら。

そして、夕刻になって、イタリアのヴェネチアへ行くはずが、

ロシアの飛行機がバーストしたために、空港閉鎖・・・。

 

131024-20

 

結局、フランクフルトで一夜を過ごすことに・・・

でもね、ルフトハンザのおごりだったんだって。

131024-21

 

 

そこでも、ママはおごりで、きげんをよくして、

飲みたくっていたわ!

131024-22

 

 

ドイツのビールは、男らしい感じ。

ホップの雑味が、クセになるわ。

 

131024-23

 

フロントにあるリンゴは食べ放題よ!

ドイツの人は、単刀直入でわかりやすいわ、だって・・・・・・。

 

わたしは、ベロニカ。

ドイツの女優、ベロニカ・フェレスから、名づけられたのよ!

 

inunoegao

 

4 thoughts to “ルフトハンザ”

  1. おっと!?何てこったぁ♪
    俺も、もともとはドイツ…でもフランスになってる
    そんでもってアメリカンな名前
    ブラッド・ピットの「P」をもらった

    それにしてもベロニカママは良く食べて、良く飲んで……
    でも、素敵だぁ~f(^ー^;
    ドイツは犬が居心地の良い国だから ママと一緒に行けたら
    良かったのにねぇ(´Д`)

  2. ブラッドPちゃんだったのね!!!
    かっこいいはずね♪

    ドイツはホテルもフツーに犬がOKみたいね~
    なんだか、犬に人権?があって、うらやましいわ~

  3. ワイルドだろうぅ~俺( ̄▽ ̄;)
    何だか~街中でもノーリードで歩けるし
    ウンチパックもあって ほかせるとか!?
    でも税金払ってるから 当たり前なのかなぁ~
    犬のお留守番時間も 制限されてるとか…

    因みに俺は去勢してないから外国では
    認めてもらえないのかなぁ……

  4. やっぱり、犬のあつかいと、女のあつかいが
    その国の文化度のバロメーターね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です