マナちゃん永眠

わたしは、ベロニカ。

今日友達をなくした、おんなのこ。

2015年9月17日、半年間の闘病生活を終えて

マナちゃんが天国へ旅立ったの。

 

150918-11

 

にぎやかに送ってあげたいっていう、マナママの気持ちを知った犬ともは

3台の車に分かれて長尾山ペット霊園へ向かったわ。

その日、都合が悪い人も、個別火葬で遺骨を持って帰りたいという話を聞いて

カンパではないけれど、せめてお花代をと包んでくれたのよ。

 

150918-12

 

 

犬にお香典なんてって、思うかも知れないけれど、

マナちゃんは本当の娘とかわらない存在だから、

マナママの悲しみは計り知れないわ。

本当の娘さんのお葬式と同じだからって。

 

150918-15

 

マナちゃんは9才。

ガンが骨に転移して、もうとっくに歩けなくなっていたけれど

持ち前の根性で前足だけで、行きたいところへ歩いて行ってたわ。

 

150918-13

 

一緒に草むらで遊んだのはつい最近のことだったのに。

あっという間に病気が進行してしまったの。

 

150918-14

 

 

マナちゃんの見つめる先にはいつもマナママがいて

本当にふたりでひとつっていう親子だったのよ。

 

150918-16

 

わたしが、マナママに近寄ろうものなら、唸り声をあげて怒るの。

わたしが、唯一逆らえない女王様だったわ。

 

150918-17

 

わたしがまだ1才だったころ、はじめて遊んでくれた

お姉ちゃんがマナちゃんだったの。

明るくて、華やかで、リボンがとても似合う子だったわ。

 

150918-18

 

いっしょにおやつをもらったりと、楽しかった思い出はいっぱいよ。

 

150918-19

 

ずっとずっと、いつまでも続くと思っていたのに。

いっしょに過ごせた時間は短すぎるわ。

 

マナちゃんが天国へいってしまったことはわかるけど、

受け入れられない気持ちが、どうしてもわきあがってしまうの。

 

150918-21

 

でも、マナちゃんは眠ってしまったの。

もう呼んでもあの大きなおめめはひらかないわ。

 

150918-22

 

 

お葬式の流れはどんどん進んで行って、

みるみるうちに、最後のお別れとなってしまったの。

 

150918-23

 

みんなでマナちゃんが煙になるのを見送ったわ。

はっしーも、としくんも。

 

150918-24

 

150918-25

 

マナちゃんは最後の最後まで一生懸命生きたの。

あらためて、一生懸命生きるということが、どんなに尊いことか

教えてくれたわ。

150918-26

 

マナちゃんが荼毘に付される間、1時間と少しの間、

何の名前もつかない、としか言いようのない時間を過ごしたわ。

 

150918-33

 

 

そして、焼き場担当のおじさんの

「出来上がったよ。」

という声を聞いて、あらためて建物の中に入って行ったの。

これから、骨ひろいをするということだけど、

後から考えると、ほんとうの意味での癒されるセレモニーだったわ。

 

そして、出来上がったよ、という言葉通り、遺骨は丁寧に

それはもう愛情をもって並べられて、マナちゃんとの再会をさせてくれたわ。

 

150918-34

 

説明をしてくれる女の人も、それはそれは愛情を持って

マナちゃんががんばったこと、

この子はお母さんに感謝していますよ、

きれいなのど仏です。安らかに成仏してくれます。と

誰がなぐさめるよりも、マナママの気持ちをいやしてくれたわ。

 

150918-35

 

のど仏は、手を合わせた仏様の形、

うしろからみると、天使の羽のようですね。ときれいな言葉で

マナちゃんを清らかに清らかにしてくれたわ。

 

150918-36

 

そして、この骨がマナちゃんであることを結んでくれたわ。

「この子はしっぽの先がまがっていたんですね。」

その言葉を聞いた瞬間、マナママの目から大きな涙粒がこぼれたの。

 

150918-37

 

ペットショップに引き取られるはずだったマナちゃんだけど

しっぽの先が曲がっていると理由で売られることなく

マナママにもらわれることになったというの。

 

マナママはその曲がった骨を愛おしむように骨つぼにおさめたわ。

長尾山ペット霊園は宝塚動物霊園ほど、立派な施設ではないけれど

こころのあたたまる優しい、亡くなった子へのもてなしがある霊園だわ。

 

150918-38

 

 

とうとう、この日が来てしまったけれど、

だれも、マナちゃんを忘れない。

 

闘病生活から解放されたことは、よかったことなのよね。

 

150918-27

 

 

大きな手術をしたあと、食欲もなかったけれど

一生懸命食べて、ママを安心させてあげてたね。

 

150918-28

 

150918-29

150918-30

 

ほんとうに美人さんだったね。

きれいな子。

 

150918-31

 

こわい時もあったけど、

今ではなつかしい。

 

150918-32

 

 

150918-39

 

わたしは、ベロニカ。

マナちゃん、ありがとう。

ほんとうに、ありがとう。

いつか会える日まで待っていてね。

 

150918-20

 

 

 

inunoegao

7 thoughts to “マナちゃん永眠”

  1. まなちゃん、本当に最期の最期まで
    まなちゃんらしく よくがんばったね…

    病気になってから 毎日『なんで?』と不安だったと思うけど
    ママとの強い絆を何度も感じさせられたよ

    長尾山ペット霊園でのお見送りは
    すごく心温まる愛情いっぱいでのお見送りに
    改めてまなちゃんの強さや優しさを感じました。

    この場をお借りして
    まなちゃん、まなママ  ありがとう、
    ずっと  ともだち。
    いつもの公園で  出逢えたことに感謝してるよ。

  2. 本当に出会えてよかったね。
    マナちゃん、ありがとう。

    みんなで過ごした時間がよかったね。
    ただ、まなちゃんが帰ってくるのをまったね。
    協力してくれてありがとう♪

  3. 僕の愛したマナ
    顔が恐くて、お尻からしか 追えなかった
    マナ
    僕は、「出来上がったよ!」の 後も
    ずっと 追いかけていた
    「だめ!僕のマナ」って言ったんだ…
    ずっと大好き❤

  4. そう、骨になったマナちゃんに執着して誰も寄せ付けなかったブラP!
    あんなに執着するなんてびっくりしたわ。
    骨になっても、マナちゃんがすきだったのね!

  5. はい…心はブラPに『ダメ』と怒られました…

    でも、ベリーママは

    いつも色んな心配りがスゴイ!

    七回経験してるって言ってたけど…

    9歳のマナちゃんに9本のお花と

    『みんなコーヒーでも…』ってマナママの

    言葉に、箱でみんなのお茶まで用意してくれてたのには

    業者も顔負け!ってか

    霊園の業者以外にもうひとつ業者が入っているのか?っていうくらいの視野の広い

    心配りにビックリしたよ。

    いつも、いつも
    ありがとうです…。

  6. ほんと!
    僕も、いつもマナのお尻ばかり見ていたけど
    綺麗な お顔を
    目に焼き付けられて
    良かった
    ベリーママありがとー

  7. みんな、マナちゃんが大好きだったのね。

    毎日、骨ツボを持って公園にお散歩しにくるのが
    供養になるよって言っているので
    公園に来たマナママを支えてあげようね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です