ベネチアで修業

わたしは、ベロニカ。

今日もママは帰ってこないわ。

131026-01

 

 

仕方がないわね。

おにーちゃんと暮らしていくしかないわ。

 

その頃、ママは飛行機の中でオーストリアのマダムと

はしゃいでいた。

131026-02

 

機内のあまりの乾燥に、むせていた左隣の席のマダムに

クロレッツを差し出したら、いつまでも味のある日本のガムに

感動して、右隣のロシアのおじさんにも、あげたら

なんだか、盛り上がってしまったわ。

(みんな、自国語でしゃべっていたにもかかわらず通じてるみたい。)

131026-03

 

そして、あっという間にスイスアルプスを飛び越えて、

マルコポーロ空港に着陸したわ。

着陸したら、そのへんのバスにのって、空港施設まで雑に連れて行かれるの。

まわりは、もう、イタリア語だらけ・・・。

131026-04

 

 

空港では、スーツケースの紛失と鍵がこわされている事件が

あちらこちらで、勃発していたの。

幸いにも、ママのスーツケースは、カジノ風ベルトコンベアに乗って手元にもどったわ。

 

131026-05

 

残念なことに、外は雨。

イメージしていたのと、全然違う、さびれた田舎道が続いたの。

そして、遠くにベネチア本島が、かすかに、見える・・・?

131026-07

131026-06

 

 

まさに、海に杭をうってできた、水の都。

車は入れず、ほとんど船、ゴンドラで移動する街。

歩いて観光するには、何百回と橋をのぼったり、降りたりと大変なの。

 

とりあえず、船に乗って本島まで渡る。

131026-08

 

まさに、海にうかぶ街だわ。

131026-09

 

それにしても、景色が見えないほど、

雨が降るなんて・・・・・。

131026-10

 

 

お外でカフェするはずが、なんてこと。

それもこれも、わたしをお留守番させたバチがあたったのよ!

131026-11

 

 

で、ここへ来て、ママは思ったの。

旅って、傘はあまり役に立たないって。

帰ったら、機能的なポンチョをさがさなくてはと。

131026-12

そして、冷たい雨(2月だから・・・)は、やがて、みぞれに

さらに雪へと変わっていったわ。

ママがラッキーだったのは、頑丈なブーツをはいていたこと。

スニーカーの人は、べちゃべちゃにぬれて、凍傷になりかけなのよ!

131026-13

 

ゴンドラも、休業となってしまった・・・

本当だったら、カーニバルの最中だから

サンマルコ広場には、たくさんの中世のドレスを着た人であふれるはずなのに・・・。

 

131026-14

 

 

でも、ちらほらと、仮装した人が・・・

 

131026-15

 

モデルの様に、いろんなポーズをとってくれるの。

もちろん、写真を撮らせてくれるわ。

131026-16

 

131026-17

 

 

ふふ、楽しそうね♪

それにしても、雪が激しくなってきたので

雑貨屋に飛び込んで、ビニールレインコートを買うことに。

だけど、店のおじーさんは、イタリア語しかしゃべれなくて。。。

 

当たり前か。

 

それでも、筆談と試着を繰り返して、防寒用にもなるビニールレインコートを手に入れたわ。

そして、路地を歩いたわ。

131026-18

 

131026-19

 

131026-20

 

131026-21

 

131026-22

 

 

そして、お腹がすいたので、食べ物やさんへ。

でも、ここはアドリア海に浮かぶ街。

当然、魚介類おしだわ。

131026-23

 

これを、無理やりチキンに変更してもらう。

ああ、情けない。

131026-24

 

パスタもムール貝とエビのものを、

トマト味にしてもらう・・・

131026-25

 

131026-26

 

 

路地裏の安い食堂だけど、おいしいのよ。

店はいっぱい!

131026-27

 

サラダをおかわりして、ジェラートをたらふく食べて

外にでたらば、ひどい天気!!

131026-28

 

 

「ベネチアは色っぽい町だから、一度はいくといいよ。」

って、いったのは、誰よ!!

ぬれるし、凍えるし、こんなずぶ濡れで、いったいどんな色っぽい店に入れるのよ?!

行ってみたかった、ホテル・ダニエリ・・・

131026-29

 

あまりにも、敷居がたかいわ・・・。

だからといって、このままでは凍死してしまう。

とりあえず、立ち飲みカフェで、体を温めようと!

131026-30

 

まず、レジに行って、欲しいもののチケットを買って

カウンターに、差し出すの。

「ホットワインをペルファボーレ!」

って、注文したら、

「おっとわいん?」って “H”を消されたわ。

131026-31

 

おもしろいから、それから、たてつづけに

オットワインを5杯ほど、いただいたわ。満足。

131026-32

 

その後、雪は吹雪になり、

道路はチェーン規制で、チェーンを積んでなかったバス運転手

マッシモのせいで、2時間、吹雪の中で待ちぼうけだったわ!

 

わたしは、ベロニカ。

これは、旅行ではないわね。

あきらかに修業よ!!

131026-33

 

 

inunoegao

5 thoughts to “ベネチアで修業”

  1. 素敵ぃ♪
    見とれてしまうし建物に、仮装の人たち…
    魚介類に 銀世界(T-T)
    ママは魚介類でオーダー♪宜しく!!
    ママも 今、ベネチアに行って来たってσ(^_^;)?
    間違えたぁ~
    行った♪気分↑だってぇ┐(‘~`;)┌

  2. ベネチアはもう一度行きたいんだって。
    また、おいてけぼり?

    体験を共有してくれて、うれしいわ!!
    でも、ほんとうのベネチアはもっときれいなはずよ!

  3. きっと
    もう一度来て欲しいから…
    今度、見たときの 景色に
    2倍!!感動出来るように…
    神様が お預けしたんだぁ┐(‘~`;)┌
    違うかぁ(..)

  4. かっこいいこと言うな~~
    Pちゃん!!

    ぜったい、またベネチアいきたい!!

    おすすめ映画→ツーリスト(アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ)
    ベネチアの美しさ満開よ!!

  5. おっと!
    最高のキャスト(>_<)
    俺のママ(産みの親)と 未来の俺の息子が 出てるのか(^o^;)
    見てみる♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です