セアカゴケグモが増えている?!犬の散歩に要注意!

わたしはベロニカ。

ダックスフントの野性的なおんなのこ。

どちらかというと犬より、猫やキツネに近いと言われているわ。

 

 

きっとひとりでも生きていける能力があると思うの。

海では魚をとることもできるし、

え?

どうやってとるかって?

浜辺では、イカに追いかけられたイワシやアジが

時々、打ち上げられるのよ。

 

だけど分離不安症なママのそばにいつもいるって決めているわ。

だからテレビもよく一緒に観るのよ。

テレビではよく、おかしなことを言う人がいておもしろいの。

 

昨日はレスリングの監督さんがパワハラをしたということを

みとめて謝罪していたんだけど、

記者に「パワハラの原因は何ですか?」と聞かれて

「コミュニケーション不足です」

といっていたのよ。

パワハラというコミュニケーションをとった、ということが

わかっていないのね。

 

今日も、ママがキッチンでもてもてしていたから、

足元で寝ころんでいたの。

 

するとね、外から中学生たちが叫びだしたの。

なに?!

 

セアカゴケグモだぁーーー

確か時々ニュースでいわれているアレ?

すぐさま外へ見に行ったわ。

 

 

セアカゴケグモは毒グモで刺されると

とっても痛くって熱がでて、入院する人もいるという

こわいクモなの。

 

はじめて日本で発見されたのは23年前なのだけど

それから増え続けて、今では毎年、何人も病院へ

担ぎ込まれているというわ。

 

それが、うちの横に?!

わたしがかけつけた時には、セアカゴケグモは

パイプの中へ入ってしまって、確認することはできなかったけど

調べてみると、セアカゴケグモはきれいなクモの巣を作ることが苦手で

地面に近いところに巣を張るというわ。

 

確かに地面の近くにへたくそな巣があったわ。

 

 

わたしたちが普段気をつけているのはムカデぐらいだけど

これからはセアカゴケグモにも注意しなくてはならないということなのね。

 

引用元:https://pixabay.com

海外では死者もでたというセアカゴケグモの毒。

犬がかまれたらたいへんなことになってしまうわ。

セアカゴケグモは巣に数百個の卵を入れておく「ゆりかご」のような

ボールをぶらさげていて、確実に子供をふやしているという・・・。

 

 

わたしはベロニカ。

今日いちばん、はっ!と感じたのは、

セアカゴケグモを見つけたやんちゃそうな中学生が

「ほんとうに、気をつけてください」

って気遣ってくれたこと。

「他人を思いやる」という気持ちをもっている、一見あたりまえのことだけど

自分のことしか考えないテレビのニュースにでてくるパワハラおじさんたちとくらべると感動してしまうわ。

 

セアカゴケグモは増えているというから、犬の散歩には気をつけてね。

セアカゴケグモについて詳しくは以下にまとめてるからね。

犬の散歩トラブル セアカゴケグモに注意!!ハチ、毛虫にも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です