みんなのスキマ期間は1日平均1時間9分

わたしはベロニカ。

時間を大事にするダックスフントのおんなのこ。

犬が時間を大事にするってどういうことかって?

 

 

よくわからないわ。

 

だけどひとつ言えることは、ママから離れないようにしているの。

とはいえ、くっついているわけではないのよ。

だいたい1mくらいのところをキープしているの。

 

今日のお題は「スキマ時間」

スキマ時間についてたっぷりと文章を書いたというわ。

日本人のスキマ時間というのは1日平均1時間9分らしいの。

スキマ時間とは予定と予定の間の時間を指すのだけど、

1日1時間9分なら1年で400時間以上になってしまうわね。

 

そしてなぜスキマ時間が話題になっているのかというと

スキマ時間の使い方次第によって、ものすごく多くの時間が生まれるということらしいわ。

 

 

スキマ時間に人間がしていること

 

1位:ネットサーフィン(37%)

2位:読書(24%)

3位:テレビ(20%)

 

やっぱり、そんなところね。

だけど、このスキマ時間を違うことにつかったらどうでしょうという

投げかけをするのが本日の趣旨だったわけ。

まぁ、1日中スキマ時間な人もいるけどね・・・

 

 

写真と本文は関係ありません。たぶん。

 

ママが大学生の時、ある友達の家へ遊びに行ったのね。

平日の昼間だったので、その子の家にいた家族はおばあちゃんだけ。

そしてそのおばあちゃんがすごかったの。

 

おばあちゃんはにこにこと孫たちの話を聞きながら

なんとずーーーっといろんな物を磨いていたと言うわ。

だから、その家にあるものは花瓶もフォークやスプーンまでぴっかぴか。

 

スキマ時間という言葉でつい思い出したそうだけど、

そんなおばあちゃんになりたいと強く思ったらしい。

 

え?今、スキマ時間にいろいろ磨いてるかって?

 

 

というか、通常のそうじもままならないのが実情よ。

 

結局、スキマ時間を上手に使っている人というのは

 

1.しなくてはならないことが整理できている

2.5分位しかなくても、何かに取りかかれる

3.目的意識がある

 

ということだそうよ。そのためやらなくてはいけないことをメモして

持ち歩くレベルらしいわ。

人間はいろいろたいへんね。犬の場合はスキマ時間はほぼゼロ。

だってスキマ時間は寝ることが多いもの。

 

でも思うにスキマ時間とはムダなものというわけでもないの。

ちょっとした考え事をしたり、身体を休めることだって必要でしょ。

 

 

わたしはベロニカ。

犬にとって時間とは人間といる時間。

寿命を人間が90才で犬が15才とすると、その長さは6倍。

 

だから1時間のお留守番は6時間に、

1日のお留守番は6日にも感じるわ。

 

そして人間も犬も楽しいことはあっという間に過ぎて

嫌なことの時間はおそろしく長く感じるものよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です