ゲーテ

わたしは、ベロニカ。

ママの帰りをしっぽを長くして待つおんなのこ。

131025-01

 

 

その頃、ママはドイツで油を売っていたわ。

131025-02

 

ドイツの町は、なんとなく固いわね。

あいあいパークみたいな建物がいっぱい。

131025-03

 

石畳は、歩き続けると、けっこう疲れるわ。

股関節に負担がかかるのよ。

足の短い、日本人にはつらいわね。

 

そして、落書きは共通みたい。

131025-04

131025-05

 

131025-06

 

 

やっと、教会についたわ。

教会は、ステンドグラスを通した光で

とても荘厳なかんじ。

131025-07

 

 

教会を出て、次はゲーテの家に行くのよ。

131025-08

 

ゲーテって、ぼんぼんなのよ。

大金持ちで、才能あふれていて、でも感じ悪いのよ。

「良い男は妻を殴り、そのあとそっと髪をすいてあげる」

って、言い残しているの。

 

131025-09

 

 

そして1つ年下の妹コルネーリアは、兄におさえつけられて

それでも献身的に、自分の人生をささげたの。

131025-10

 

これがゲーテの部屋。

25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせたゲーテ。

131025-11

 

131025-12

 

 

優雅な暮らしぶりがうかがえるわ。

131025-13

 

妹は結局、うつ病を悪くして

若くして死んでしまうの。

131025-14

 

 

兄の帰りをいつも、ここで見ていたのかしら。

 

ここは、キッチン。

131025-15

 

いちいち壁紙がかわいいわ~

131025-16

 

兄を愛するあまり、結婚したものの夫を愛せなかった妹。

そして、何人とも、恋愛しながら、妹のかわりを見つけられなかった兄。

131025-17

 

犬殺処分ゼロという、素晴らしい国ドイツでも

人間の思いはままならないのね。

 

わたしは、ベロニカ。

うちの兄、たいした才能をもってるわけじゃないけど

ノーマルでよかったわ♪

ママは、へんなおっさんに別れを告げて

フランクフルト空港へとむかったわ。

131025-18

 

 

inunoegao

 

2 thoughts to “ゲーテ”

  1. ゲーテ何てやつだ(-_-)
    やっぱり男はノーマルがいい
    変な奴は 疲れるぅ…
    っとママが言っている(/–)/

  2. ヨーロッパの貴族のぼんぼんなんて
    みんな変人なのかもねぇ~

    男はノーマル♪
    女はアブノーマルでちょうどいいわね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です