ウィンドウズ10 買わなきゃダメ?

わたしは、ベロニカ。

なんだか毎日としくんを迎えに行っているおんなのこ。

だって、ママのパソコンがこわれたみたいなの。

 

何年かに一回はPCが暴走するのよね。

それにしても冬にパソコンがつぶれるなんて珍しいわ。

 

 

パソコンの症状はようするにPC本体は起動しているようだけど

モニターがまったくつかない感じ。

 

としくんはパソコンに関しては頼りになる存在だわ。

だから、みんなとても気を遣ってくれるの。

この前も、りんちゃんところのプリンターがつながらなくなって

でも結局、うまくいったので実際にはとしくんは役立たずだったの。

 

それなのに、りんちゃんのママは

「としくんによろしくいっててね~」って

チョコレートまでお土産にくれたのよ。

 

 

そんな、みんなに気を遣ってもらっているとしくんを

あごでこきつかうのは、うちのママくらいだわ。

ママのパソコンのモニターがつかなくなったのは

としくんのせいじゃないの?

といった態度の大きさ。

 

それでもとしくんはちゃんと来てくれて

あーだこーだと、悩んでくれているわ。

もしかしてグラフィックボードかも、ということで

待機パソコンのグラフィックボードとつけかえてみたの。

すると、今度はインターネットに接続できなくなったのよ。

 

そして次の日、今度はグラフィックボードを念入りに掃除して

(ほこりでファンが回らなくなっていた)

戻すことにしたんだけど、今度はグラフィックボードも

インターネットも二つ目のモニターもつかなくなったわけ。

 

としくんがオタクの魂を全開にして調べたところ

あるひとつのフレーズにぶつかることに・・・。

何をどう調べても、この言葉につきあたってしまうわ。

 

このデバイスのインストーラーの1つが

現在インストールを実行できません

 

これは、もしや!

マイクロソフトがウィンドウズ10をタダでくれるわけがなかったのだわ。

 

要するに、現状維持ならば、ウィンドウズ10をしばらくの間、

タダでアップデートさせてあげるってことね。

 

仕方がない・・・

ノートパソコンで頑張ろうと思ったけれど、仕事の能率が3倍に上がる

デスクトップ環境は捨てがたい。

ママはウィンドウズ10を「清水の舞台」から飛び降りながら、24,000円で注文したわ。

 

これでまたビル・ゲイツが儲かることに・・・。

儲かる・・とは「信じる者」と書くのよ。

信じていたのに・・・・・・・

 

あとはとにかくウィンドウズ10が到着するのを待って

仕事環境を復旧させなくてはと焦る事、焦る事。

 

注文をしたショップからメールが来たわ!

発送ね、明日とどく?

 

「在庫状況をお調べしています。ありそうです。」

 

メールが来たわ!

 

「発送の準備が出来たらメールします。」

 

そんなメールいらないのに。

 

そしてようやく

「発送いたしました!」

 

どんなショップや?!

もて遊ばれてる?

 

わたしはベロニカ。

ママ、よかったじゃない。

新年早々、新しいOSで仕事が始められて。

だけど、おかげで今年はえべっさんどころじゃなかったわね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です