へそくりをしてますか?わたしはしてるわよ

わたしはベロニカ。

 

今日の文章書きのお仕事は「へそくり」について。

大変そうだわぁ~と思う女の子。

 

へそくりだけで何万語書く気かしら。

気が遠くなるわ。

 

 

へそくりとは・・・

夫や妻に内緒でお金を貯めること。

貯金と違うのはへそくりは「自分のため」に置いておくお金なの。

 

 

へそくりの平均は女性が120万円、男性が60万円というわ。

男性が「使うため」に貯めるのに対して

女性は「何かの時のため」の備えとして貯めているの。

それが金額の差ね・・・

 

へそくりをする女性の何人かに一人は

「離婚」も「何かの時」の想定に入っているそうよ。

中には1000万円以上のへそくりをしている主婦もいるわけ。

ざらにね。

 

 

そうそう、貯金箱といえばブタね。

なぜブタが貯金箱になったかというと3つの説があるというわ。

 

①一回の出産で10匹もの赤ちゃんを産む「繁栄の印」だから

②肉、皮、骨、ムダになるところがないから無駄遣いの反対という意味

③昔、ヨーロッパではピッグ(pygg)という粘土があって、

「ピッグの貯金箱を作るように」という依頼があったところ、

粘土のピッグでなく、ブタ(pig)の形で作ってしまった。

・・・が、意外にうけた。

 

海外ではブタはもとより、牛の貯金箱も多くあるから

②番の説も有効ね。

 

うちのママは何年か前に、ブタの貯金箱に

一目ぼれして買ってしまったのよ。

(その衝動買いがへそくりのできない原因よ)

 

(いつも視線を感じるブタの貯金箱)

 

へそくりって東洋人だけの習慣!

 

日本ではへそくりって

それほど悪いイメージはないでしょ。

 

ところがアメリカやヨーロッパでは

へそくりがバレたら「離婚を予定している」って

とられてしまうというの。

 

夫婦の間でお金の秘密を持っていると言って

すごく悪いことなんですって。

 

お金を隠す=相手を信じていない

そういう意味なの。

だからアメリカやヨーロッパの主婦は

夫に内緒の口座を持っている人はほとんどいないわ。

夫の小切手を好き勝手に使えばいいのだものね。

 

だけど日本ではへそくりこそが自分を守る財産となるわけ。

缶コーヒー、1日2本の節約で年間11万円。

 

中でも500円玉貯金は人気ね。

へそくりの習慣が続きやすいというわ。

 

わたしのへそくりは、ふふ、ガムよ。

大事に隠してあるの。

今で3つ、貯まったわ。

 

へそくりを増やす方法

 

そしてへそくりの運用として人気がでてきているのが

ロボアドバイザーよ。

AI(人工知能)が勝手に資産運用してくれるの。

(愛ちゃんじゃないよ・・・)

アラブのお金持ち用のプログラムよ。

様々な投資をしながらお金を増やしてくれるのだけど

人間の判断よりずっと正確だというわ。

ある人は10万円預けたらあっという間に13万円になったというの。

 

わたしはベロニカ。

どんどん人間の仕事がへっていくわね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です