としくんの帰省と駅弁

わたしは、ベロニカ。

名古屋へ帰省するというとしくんを見送りに行くおんなのこ。

込み合うお盆をはずして、としくんは名古屋のおばあちゃんのところへ帰るの。

年をとると涙もろくなるというけれど、最近、ドラマどころかCMを見て涙ぐむ

うちのママがなかなか名古屋に帰らないとしくんを促したの。

きっと、アマゾンのCMのでせいだわ。

孫が会いに来てくれて、うれしそうにほほ笑むおばあちゃん。

おばあちゃんは孫のために、痛い腰をがまんして夕食の用意をするの。

孫は何気なく飾ってあるおばあちゃんの昔の写真を見つけたわ。

先に天国にいったおじいちゃんとの若かりし頃の写真・・・。

おばあちゃんの幸せそうな笑顔。

引用:http://fundo.jp/154328

孫はあることを思いつきました。

おばあちゃんにしてあげられることがある。

アマゾンプライムでおばあちゃんにプレゼントをしよう。

ここで注目。

翌日、宅配便で届けられたプレゼント。

宅配を受け取るおばあちゃん、ちっとも笑っていません。

強調されるのが、孫に久しぶりに会った時のおばあちゃんの笑顔、

おじいちゃんと幸せだったころの笑顔。

届いた箱の中にはなんとヘルメットが!

でもプレゼントはヘルメットではないのです。

孫はおばあちゃんの思い出を鮮やかに蘇らせたのです。

そしておばあちゃんの3番目の笑顔。

・・・

ということで、としくんをさっさと名古屋へ送り返すことにしたの。

どうせ、おばあちゃんに顔を見せるくらいで何もできやしないんだけどね。

ところが、としくんは違うことを考えていたわ。

としくんにとっては最近、ママが犬ともから仕入れてくる情報が

どうも都合よくないらしいの。

今までなら、名古屋に帰るといえばしっかりと経費で新幹線代を

わたしてもらっていたのに、ママはいつもと違うことを言いだしたわ。

 

「とし、犬ともの娘さんは東京へ行くのに夜行バスを使っているらしいから

あんたもバスで帰りなさい。」と。

でも、さすがにかわいそうだと思ったうちのおばあちゃんが新幹線代を

としくんにあげたわ。

そして帰省当日。

としくんは「準備ができたから新大阪までクルマで送ってくれる?」

そこでママはまたいつもと違うことを言いだしたのよ。

「とし、犬ともの娘さんも今日、東京へ戻るらしいけど

親が送っていくのは最寄りのJRなのよ、あんたもJRから新大阪までいきなさい。」と。

外気温35℃。

さすがにかわいそうに思ったうちのおばあちゃんは、

「わたしも付き合うから新大阪までいってあげたら?」と。

そうして結局としくんは、まんまと新幹線代と新大阪までの送迎を手に入れたわ。

なんやかんやで新大阪まで30分。

としくんは大事にされているわね。

ただのオタクなのに。

わたしは、ベロニカ。

わざわざ、くそ暑い中、新大阪くんだりまで送迎の運転手を

させられたママはせっかくここまで来たのだからと

大阪の味「駅弁」を買って帰ることに。

思わぬお土産に兄はとてもよろこんでいたわ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です