しらさぎの宿 丸福

わたしは、ベロニカ。

おばあちゃんと、おにーちゃん

そしてママと淡路島に来たおんなのこ。

淡路園芸景観学校は、一般に開放されていて

きれいな庭を散策できるの。

150519-21

 

150519-26

 

150519-24

わたしは、水に入れるって思ったから

とても うれしかったのに、ママはリードをゆるめてくれなかったの。

150519-25

150519-22

でもね、学生食堂のテラスでは

犬もいっしょに入ることができるのよ。

150519-23

カフェテリア風の詩というのよ。

150519-27

学生食堂なので、食券を買っての

セルフサービス。

150519-28

おにーちゃんもママも、食券を買いに行ったんだけど、

食べたいものがなかったらしく、

やっぱり、洲本まで行こうっていいだしたわ。

 

 

150519-30

洲本にはね、Time after Time という、

淡路の食材を使ったとてもおいしいレストランが

あるの。

そのお店が、テラス席 犬OKになったとかで

気持ちが動いたのよ。

150519-31

 

でも、これが大きな判断ミスだったわけ。

150519-32

 

とちゅう、花さじきの横を通りかかって、あまりにきれいから

寄り道をしたかったけど、

150519-50

とにかく、食事優先で

あとから、帰りに寄ることにしたわ。

 

150519-33

車を走り出したとたん、とーっても

お腹がすきはじめたの。

早く、地産地消のおいしいランチが食べたくて

車を南下させたわ。

150519-34

Time after Timeのある、洲本市民広場で

車を停めて急いでお店へと。

ところが、お店には 悲しい張り紙があったわ。

 

150519-35

おにーちゃんは絶叫したわ。

「ハラへって死ぬ!もう動けん!」

仕方ない、犬が入れないから、交代で食べよう・・。

150519-37

となりの、生しらす丼も食べられる

淡路ごちそう館へ・・・。

でも、そこでも30人待ちだったわ。

150519-38

まるでアベノミクス効果をひとりじめしたような

淡路島、あちこちでスタッフ募集の張り紙があったのよ。

ママは言ったわ。

「そんなに おなかが減ったんだったら、コンビニで

お弁当でも買う?」

150519-39

おにーちゃんは、ここまで来て

それだけは絶対イヤと、ママの申し出を拒んだわ。

そして、駐車場が1時間以内の無料のうちに

また、車に乗り込んで、食べ物屋さんを探すことに。

150519-40

ところが、走れど走れど、店はなく、

だんだん、さびれた風景になってしまったの。

150519-41

150519-42

その時!

ママはまぼろしを見たのかと思ったわ!

150519-43

しかも、お昼の営業終了まで15分。

店の人はこころよく迎えに来てくれたわ。

そのうえ、犬がいるので店の外で食事をしたいという

変な客にも動じることはなかったの。

150519-44

何より、食材と言い、パフォーマンスといい

最高にクォリティの高い店だったのよ。

ママは、迷うことなくやわらかい淡路牛ころころステーキを!

150519-45

兄は一度は食べてみたかったという

うに丼を!

150519-46

 

おばあちゃんの海鮮丼は

おどろきの 1,400円!

150519-47

魚もエビもイケスから出されたばかりで

丼の中で、動いていたの。

150519-48

新鮮な事、この上もなく、

おもわず、ビールを注文!

150519-49

 

わたしは、ベロニカ。

食べるのに時間がかかる

ぶたの耳をもらって、テーブルの下で食べたわ。

 

しらさぎの宿「丸福」

洲本市由良町由良2379-9

 

inunoegao



2 thoughts to “しらさぎの宿 丸福”

  1. あった、あった~続きがあった~(笑)

    空腹の中、あちこち探し求めてのしらさぎの宿 「丸福」
    何倍も美味しかったんちゃう~?ヽ(^o^)丿

    私が行ったときはシラス丼がギリギリ解禁前で…残念だったけど
    どれもこれも…美味しそう!
    よかったねぇ~  おにいちゃん、洲本まで来てファミマ…は嫌やんなぁ~(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です