お金が貯まる財布のお守り「ターバン諭吉」のききめがすごい?!

わたしはベロニカ。

ダックスフントのおんなのこ。

犬はお金を使わないけど、人に使わせているかも知れないわね。

 

 

ということで、6月に7才になるわたしが

これまで6年間につかってきたお金を振り返ってみたわ。

 

ベロニカにかかったお金

●ドッグフード(月2,000円×12ヶ月×6年)=144,000円

●おやつ・ガム(月1,000円×12ヶ月×6年)=72,000円

●リード・服(年5,000円×6年)=30,000円

●ペット保険(年30,000×6年)=180,000円

●おもちゃ(年2,000円×6年)=12,000円

●バギー2個=50,000円

●ペットシーツ(月1,200円×12ヶ月×6年)=86,400円

●病院避妊手術=20,000円

●病院ワクチン・狂犬病(年12,000×6年)=72,000円

●病院フィラリア予防薬(年7,000×6年)=42,000円

●病院爪切り・耳そうじ(月1,000×12ヶ月×6年)=72,000円

●病院(クギ誤飲レントゲン)=10,000円(保険適用で半額)

●病院(薬誤飲入院)=18,000円(保険適用で半額)

●病院(イボ除去)=10,000円(保険適用で半額)

●病院(串誤飲内視鏡手術)=30,000円(保険適用で半額)

●病院(チョコレート誤飲注射・血液検査)=9,000円(保険適用で半額)

●その他(ダニ除け、蚊よけ、ブラシ、シャンプーなど、)=だいたい142,600円

 

ということで、これまでの6年間に使ってきた金額の合計は!

 

なんと!1,000,000円

ということはあと倍の年月生きるとして、さらに年を取ったら

病気することもあるとして、わたしにかかるお金は生涯で

200万円~300万円もするということ?!

 

これでもトリミングやシャンプー代は入ってないのよ。

トリミング代を入れたら軽く100万円をこえることになるわ。

(うちの場合、ママに虎刈りにされてるからね・・・)

 

 

何事も具体的に書き出してみると、見えていなかったことがわかるのだわ。

それでも人が犬を飼うというのは、この金額以上の「癒しのようなもの」を

もらっているか、こんなにかかるとは思っていないかのどちらかということになるわね。

 

そうそう、タイトルなんだっけ。

あ、思い出したわ。

 

お金が貯まる財布のお守り「ターバン諭吉」のききめがすごい?!

 

ほんまか?!

なんでもターバンを巻いた諭吉が楽しそうなので、

たくさん諭吉が集まってくるらしい。

諭吉といえば、

 

 

この諭吉にターバンを巻いて、財布に忍ばせておくといいらしい。

で、どんなのか作ってみたわ。

 

 

人間って変なことを考えるわね。

 

最近お気にいりのプリンターの上でたたずむベロニカ

 

では作り方を説明すると・・・

まず諭吉のあごの線で折る

 

 

次に顔の輪郭にそって、また折る

 

 

次に顔のたてのラインを耳にそって折る

 

 

耳にそって折った部分を折り返す

(お札の画像を加工していると警告がすさまじい・・・)

 

 

折り返した部分をいっきにターバンに・・・

 

 

反対側もターバンに・・・

ちょっと諭吉の顔が、楽しそうになってきた。

 

 

では、ターバンを折り込んで、表から見えないように

整える。

 

 

裏側でさらに折りこんで、できあがり。

 

 

ここで、ものすごく作っている人の不器用さが露呈してしまっているけど、

ネタ元のサイトではとてもきれいに作っているわ。

作ってみようという人はそちらを参考にしてね♪

 

↓ ↓ ↓

 

わたしはベロニカ。

犬はお金と無縁だと思っていたけれど

けっこうな「金食い虫」だったのね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です