いつの間にか商品化

わたしはベロニカ。

ずーーーーっと、仕事をするママの足元で

川に連れて行ってもらうのを待っているおんなのこ。

ママはライティングの仕事をけっこうなスピードで

こなせるようになってきたところで、

新たな荒行を依頼されてしまったの。

 

いままでは1車種について掘り下げて、いればよかったの。

そのクルマのスペックについて、

燃費について、エコカー減税について、納期について・・・

と10記事を仕上げていたのね。

2週間納期が3,4日で終わらせることができるようになっていたの。

 

クライアントはいい会社でレスポンスが早いのね。

だから、納品と同時に次の依頼をくれていたわ。

 

ところがなんと、今回からは1クールで10車種を調べなくてはならないことに。

ディーラーに電話したり、お客様相談窓口に電話したりと文字打ち以外にも

しなくてはならないことが増えたわ。

そして、図表づくりも。

1文字いくらかの仕事だけど、一番大事なのは

読む人がわかりやすい、おもしろい、が鉄則でしょ。

そのうち、めちゃくちゃクルマに詳しくなるのではないかしら。

 

そんな合間に丹波へ鹿やイノシシのお肉を買いに行ったり、

手土産は鹿肉の原価にいれるわけにはいかないのよ。

 

鹿肉の活用法のマーケティングリサーチに

いそしんだりと、

道の駅「おばちゃんの里」では、おこわ弁当を買うのを忘れないわ。

これ、とっても美味しいの。

わたしは丹波の黒豆をもらうのよ。

それと一度は食べてほしい、卵巻きずしはサバと大葉が絶妙で

病みつきになるの。

そして、隙間を縫うように、お裁縫も教えてもらいに。

清水の舞台から飛び降りて買ったイタリア製の生地は

ほんとうに恐る恐るはさみをいれて、

大胆に裁断を失敗したわ。

てな感じで、

相変わらず、本業以外のことを頑張っているわ。

 

そんなある朝、おばあちゃんが言ったわ。

「今日は、雨も降らないようだし、

ベリーを川へ連れて行こうか?」って・・・

ママはどうして、朝からそんなことを言うの?と怒っていたわ。

だって、行くのは夕方なのに、でかけるまで

わたしが騒いで仕事にならないから。

 

そうなの、早く行きたくて、ずっとママにとびついて

せがうのよ。

 

川へ着く前は

道の駅「いながわ」で恒例のジェラート

今日はブルーベリーにカシスのトッピングをおまけしてもらったわ。

川につくと、もうわたしは気持ちが舞い上がるの。

そして「絵的」にめずらしくもない写真をとってもらって

1時間半ほど、遊びつくすのよ。

 

そうそう鹿肉の干し肉もいよいよ出来上がったわよ。

まったく塩をつかわず、鶏干し肉と同じに低温仕上げ。

わたしは、ベロニカ。

そもそもわたしのために作ってくれたはずなのに

売れ始めると、もらえなくなるのは

なぜ?

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です